【レシピ】はりねずみちぎりパン(干支パン)

今年の干支、ねずみのちぎりパン

本日のパンフォト

中にはお好きな具を入れて
皆でちぎって食べて楽しんで
いただけたらと、考えました。

12月のレッスンでもご好評いただき
とても盛り上がったレッスンでした。
1台に2種類の具が交互に入っています。

**

こちらは、お正月に実家へ行く際、
お年賀用に焼いたパン。
こちらは1台に3種類入れてみました。

恒例となりつつあるこの干支パン。
姪っ子たちの喜ぶ姿が毎回楽しいです。

そのときの様子はブログへ

http://diary2.mariko.biz/2020/eto-pan-2/

レッスンの内容とは違いますが、
簡単にレシピをご紹介します。

よろしければ作ってみてくださいね。

はりねずみちぎりパン
Print Recipe
はりねずみがヒソヒソ話をしているような
そんなちぎりパンです。
中に入れる具はお好みのもので楽しんで
分量
2 台(16cmセルクル)
分量
2 台(16cmセルクル)
はりねずみちぎりパン
Print Recipe
はりねずみがヒソヒソ話をしているような
そんなちぎりパンです。
中に入れる具はお好みのもので楽しんで
分量
2 台(16cmセルクル)
分量
2 台(16cmセルクル)
材料
  • 165
  • 2.0 ドライイースト (赤サフ)
  • 250 国産強力粉 (はるゆたかブレンド)
  • 10 砂糖
  • 4.2
  • 4 スキムミルク
  • 12 バター (無塩バター)
フィリング
  • 96 チーズ・チョコ等 (1生地あたり8g前後)
分量: 台(16cmセルクル)
作り方
  1. バター以外の材料を、ホームベーカリーのパンケースに入れる
  2. こねはじめて5分経ったら、バターを入れてさらに15分こねる
    こね終わったら、2.5倍になるまで発酵させる(1時間~2時間、大きさで判断する)
  3. 発酵の間に、中に入れるフィリングを準備する
    チーズ・板チョコ・あんこ・ウィンナソーセージなど、1台あたり6個。1個あたり8g前後包む準備をしておく
  4. 発酵が終わった生地を1台あたり6個になるよう、分割し、丸めてベンチタイムを10分とる
    型の内側に油脂(バターかショートニング)を塗っておく
  5. 生地を平たくして、フィリングを中央に置き、生地の端を中央に集めて1か所で綴じる。綴じ目は厚くならないようにし、しっかり留める
  6. 6個の生地を均等に型に並べ、発酵。30℃で約40分。生地の大きさが2倍くらいになるまで
  7. ハサミを使って、中心部分に耳を、胴体の背中部分に細かくハリのようにカットする
  8. 180℃に予熱したオーブンで25分焼く。途中、12分ほどでハサミを入れた部分に色がついてくるので、アルミホイルをかけて焦げないようにして焼き上げる
  9. パンの粗熱がとれたら、チョコペンの先を細くカットして目を描く
レシピのメモ

 ハサミでカット後のパン

 

 半分にはブルーポピーシードをつけています