【レシピ】定番「いちごジャム」をさら美味しく

定番の苺ジャム。

春のジャム用苺が出回っている頃に
一年分を作りたい楽しい苺仕事です。
(つい作りすぎてしまう…)

苺がおいしければそれだけで美味しくできる
いちごジャムですが、
私の定番比率と気をつけるポイントを紹介します。

20190415-DSCT7384 (2)

つぶごろごろな苺ジャムは家庭で作るのにぴったり。
ほったらかして煮詰めたらできあがり!

気をつけることは、アクを必ず取ること。

プラスワンでバニラビーンズを加えると
ぐーんと美味しいジャムになります。

20210406-page1

 

【レシピ】定番「いちごジャム」をさら美味しく
Print Recipe
苺がおいしければそれだけで美味しくできるいちごジャムですが、 私の定番比率と気をつけるポイント、さらに美味しくするポイントを紹介します。
    分量
    300g(苺の分量)
    所用時間
    30
    分量
    300g(苺の分量)
    所用時間
    30
    【レシピ】定番「いちごジャム」をさら美味しく
    Print Recipe
    苺がおいしければそれだけで美味しくできるいちごジャムですが、 私の定番比率と気をつけるポイント、さらに美味しくするポイントを紹介します。
      分量
      300g(苺の分量)
      所用時間
      30
      分量
      300g(苺の分量)
      所用時間
      30
      材料
      • 300g
      • 100gグラニュー糖(苺の1/3量)
      • 10gレモン果汁
      • 3cmバニラのさや
      分量: g(苺の分量)
      作り方
      1. 苺をよく洗い、ヘタをとる。重さを量り鍋に入れる
      2. グラニュー糖を鍋に加えて水分が出てくるまでしばらくおく
      3. レモン汁を加えて強火にかけ、沸騰したら中火にして灰汁をしっかり取る。取り終わったら、バニラのさやを2つに裂いて鍋に加える
      4. とろっとする程度まで煮る。どろっとすると、冷めた時に固くなるので気をつける。このときつぶしながら煮ると粗つぶしタイプになり、混ぜすぎないようにすると粒のまま炊き上がる。量が少なければ15分ほどでできあがる
      5. 煮沸消毒した容器に口近くまで入れて、瓶を上下逆さにしてさます
      レシピのメモ

      ©1997-2021 HomeBakery MARI no HEYA, WAKABA KoboUEDA Mariko

      プロセス

      20210406-page1

       

       

      ブログ

      [blogcard url="http://diary2.mariko.biz/2021/post-37202/"]

       

       

       

      【レシピ】定番「いちごジャム」をさら美味しく
      Print Recipe
      苺がおいしければそれだけで美味しくできるいちごジャムですが、 私の定番比率と気をつけるポイント、さらに美味しくするポイントを紹介します。
        分量
        300g(苺の分量)
        所用時間
        30
        分量
        300g(苺の分量)
        所用時間
        30
        【レシピ】定番「いちごジャム」をさら美味しく
        Print Recipe
        苺がおいしければそれだけで美味しくできるいちごジャムですが、 私の定番比率と気をつけるポイント、さらに美味しくするポイントを紹介します。
          分量
          300g(苺の分量)
          所用時間
          30
          分量
          300g(苺の分量)
          所用時間
          30
          材料
          • 300g
          • 100gグラニュー糖(苺の1/3量)
          • 10gレモン果汁
          • 3cmバニラのさや
          分量: g(苺の分量)
          作り方
          1. 苺をよく洗い、ヘタをとる。重さを量り鍋に入れる
          2. グラニュー糖を鍋に加えて水分が出てくるまでしばらくおく
          3. レモン汁を加えて強火にかけ、沸騰したら中火にして灰汁をしっかり取る。取り終わったら、バニラのさやを2つに裂いて鍋に加える
          4. とろっとする程度まで煮る。どろっとすると、冷めた時に固くなるので気をつける。このときつぶしながら煮ると粗つぶしタイプになり、混ぜすぎないようにすると粒のまま炊き上がる。量が少なければ15分ほどでできあがる
          5. 煮沸消毒した容器に口近くまで入れて、瓶を上下逆さにしてさます
          レシピのメモ

          ©1997-2021 HomeBakery MARI no HEYA, WAKABA KoboUEDA Mariko

          プロセス

          20210406-page1